MENU

免疫力を下げないで、上手く上げる方法

人が健康に生活を送ることが出来るのは人それぞれに免疫力を持っているからです。免疫力とは空気中に飛び回っている雑菌やウイルス、体に発生するがん細胞などの異物を排除して戦う力のことを言います。

 

そのため、免疫力アップができると戦う力もアップするということになるわけです。そもそも免疫には白血球のマクロファージに顆粒球やリンパ球などの細胞による免疫とたんぱく質によって合成される抗体との2種類が存在しています。どちらの免疫に関しても体にとって異質だと思われる細胞に対しては攻撃を行うことになります。

 

免疫力アップが行われていると風邪もひきにくくなりますし、大病を患うこともなくなります。また、一度かかった病気には二度とかからないようにすることも出きます。疲れやすいという体質を改善していくことも可能なのです。いわば、免疫力は自分が持っている体力のようなものでボディーガードをもしてくれる働きがあるのです。

 

簡単に風邪をひく人や過去において大きな病気をしたことがある人、何かとすぐに疲れてやる気が起きない人などは免疫力が劣っているとも言えるのです。免疫力は年齢とともに衰えていきます。

 

ピークは20歳前後だと言われています。その後に関しては何もしなければ年を重ねていくにつれて目に見えて衰えていくことを忘れてはいけません。こうしたことを防止するのは日ごろから免疫力アップを出来るような生活を意識して送ることが健康で長く生きていくためのポイントになるのです。

 

免疫力が下がる原因

免疫力アップが出来て正常に免疫が働いていると病気もせずに健康な生活を送ることができるのですが免疫力が低下すると何かと体に異常を発することになります。免疫力は年齢を重ねると衰えてきます。

 

ところが、免疫力を下げる要因はそれ以外にもあります。それが生活習慣であり、その良し悪しで免疫力アップができているかどうかの違いが人によって現れてくるのです。免疫力を下げる要因となるものの一つには喫煙があります。タバコは人にとっては異物を吸っていることになります。当然、免疫に異常をきたし体に異常をきたす可能性が高くなります。

 

偏った食事や不規則な食生活も免疫力を落とす原因となります。バランスが取れた栄養を摂らないと免疫もおかしくなるのです。体が冷えることと睡眠不足も立派な免疫力低下の要因になります。

 

体に負担をかけることは免疫力も影響を受けるのです。これら以外にも精神的な部分も免疫力は影響を受けます。絶えずストレスを感じている人ややる気が起きない人、楽しいと思えるようなことがない人などは危険だと言えます。体を動かすことも健全な体には当然必要なのですが全く運動をしない人やパソコンとにらめっこをしている職業のようにじっとした姿勢でいることが多い人も知らぬ間にストレスを感じて免疫力の低下の一因となっていることもあるのです。

 

免疫力が下がる生活は誰でも行ってしまう可能性があります。大切なのは免疫力アップを心がけて生活し実際の年齢に負けないような免疫を保持することなのです。

 

年齢とともに低下する免疫力

年をとあると色々なことで若いころとは違うことを実感することになります。以前より肌荒れがひどくなったり、疲れやすくなったり朝の目覚めが悪いなどといったこともあるでしょう、何もしていないのに体がだるく感じたりやる気や気力が起きないという人もいるでしょう、若いころは風邪一つ引いたことはなかったのに段々体が弱くなり風邪もひきやすくなっている人もいるでしょう。

 

若いころと比べると間違いなく負の部分が大きくなってきているのです。これは免疫力が落ちてきている証だとも言えるのです。免疫力は残念ながら年を重ねるごとに弱っていきます。

 

高齢者になるほど風邪をひきやすく肺炎になりやすい、大病にかかりやすく癌にもなりやすいのはまさに免疫力の低下が引き起していると考えることも出来るのです

 

しかし、加齢による免疫力の低下は自然のことである程度仕方がない部分もあります。加齢以外の免疫力を落とす原因となるようなことを日常生活で行わないように免疫力アップを絶えず意識していくことが大切なこととなるのです。食生活や運動不足、生活習慣の乱れにストレスといったものは免疫力アップの障害となり年齢以上に免疫力を下げてしまうことに繋がります。規則正しい生活を心がけ免疫力アップを行わないと実際の年齢以上に見た目以上に免疫力は弱ってしまい大きな病や死に至る病まで引き起してしまうこともあるのです。健康で生活をしているうちに免疫力アップを意識して生活することが肝要です。

 

免疫の仕組み

免疫とは体外から侵入しようとするウイルスや雑菌などに対して攻撃をしたり体内で発生する悪性化した細胞を攻撃して体を守ってくれるものです。

 

免疫機能は免疫力アップを行うことで体に数多く存在している免疫細胞と言われるものがネットワークを作り働くことで健全に動いていくことになるのです。免疫細胞にはNK細胞や白血球や好中球などの細胞があるのですが、そもそも免疫には自然免疫と獲得免疫が存在しています。

 

自然免疫は元より体に備わっている免疫力となり24時間休まずに体を防御する働きを有します。白血球のマクロファージや好中球にNK細胞がこれらにあたります。

 

一方の獲得免疫は自然免疫だけでは戦いきれない時に活動する免疫力となります。名前の通り過去に戦った異物である病原菌などの情報を有し、そのデーターを元に戦うことを行います。ヘルパーT細胞やB細胞にキラーT細胞などがこれらに含まれます。

 

 

免疫細胞はそれぞれに特徴を持ち侵入してくる異物と戦うことになるのですが、免疫細胞同士が緊密に連携しネットワークを組むことで効率的に動くことが出来、それにより体への外敵の侵入を防ぐ役割を担っていることとなるのです。

 

こうした一連の動きは免疫機能が全うに動いているからこそできるもので、免疫力アップが出来ているからこそできるものです。免疫力が低下していると免疫細胞自体の働きも鈍りネットワークもうまく組むことが出来なくなり大きな病やがん細胞の発生に繋がってしまうことにもなるのです。免疫力アップをすることは体にとって大きな意味を持つことがわかります。

 

 

免疫力アップの方法

免疫は健康な人であれば誰でも備わっているものです。健康に生活をしていきたいと考えるのであれば免疫力を自ら下げるような生活を送るのではなく免疫力アップが見込めるような生活を送ることが重要となっていきます。

 

免疫力アップの方法はいくつか存在していますが基本的には生活習慣を良い方向にもっていくことが大きなポイントになります。偏った食生活を行うのではなくバランスが取れた食事をすることは大切です。特に添加物や化学調味などを使用されているものは控えるようにしましょう。

 

運動をすることは体を温め代謝を良くするので免疫力アップに効果が期待できます。特に低体温の人は意識して体を動かして体温をあげるように心がけたいものです。ストレスは万病のもとと言われるように免疫にとっても大敵です。ストレスを発散して特に笑うということを重視しましょう。

 

笑うことで免疫力を上げることも十分に可能なのです。人間には数多くのツボが存在しています。ツボにはそれぞれに効能が認められているのですが、中には免疫力アップを叶えることが出来るツボも存在しています。

 

これらを知るのも良い手段だと言えます。これらのほかにも免疫力を上げる効果を期待できる方法は存在しています。もしも、現在体調が悪いのなら免疫力が弱っているのかもしれません。

 

免疫力を上げるには方法はいくつかあれども大きな基本は食べるということです。今一度、自分の食生活を見直すことから始めると意外と早く免疫力もアップできるかもしれません。

 

 

免疫力アップのメリット

体の調子が思わしくない人は免疫力が弱っていると言えます。健康な体で元気でいれる人は健全に免疫機能が働いており満足した生活が送れるわけです。免疫力が弱ったままでいると思わぬ病にかかってしまうこともあります。

 

病気になってから悔やんでも遅いこともありますので日常から免疫力アップを心がけることはとても重要なことなのです。免疫力アップのメリットは何でしょうか。

 

間違いのないメリットは抵抗力がつくということです。抵抗力がつくと外部からウイルスや菌が体内に侵入しようとしても大きな力で排除することが可能となります。

 

体内の細胞も元気になるので悪性な細胞が生まれてきても退治することが出来るようになるのです。ほぼ病気になることもなく健康に生活を送ることができるようになりますので病院へ行くこともありませんから病院にお金を使うこともないこととなります。これはメリットだと言えるでしょう。

 

免疫力アップができると体の細胞も元気に若返ることができ肌荒れなども起こすことなく美肌でいることが出来る可能性も高まりますし何よりも体が元気なのでやる気が起こります。いつまでも若々しく心身ともにいることができるのです。つまり、免疫力アップは健康で活気あふれる生活を続けることが出来る大きなメリットがあることとなるのです。

 

免疫力は低いと不健康になり欠点だらけになりますが、高すぎることは悪いことではりません。全てにおいて免疫力アップはやりたいことを行えるための基本となるのです。

このページの先頭へ