MENU

更年期障害の症状が重い!そんな方はエクオールサプリがオススメ

日本人が昔から食べ続けてきた大豆製品は腸内フローラの力でスーパーイソフラボンと呼ばれるエクオールに変換されるので、美容や健康、若返りのために大きな効果が期待で更年期障害の改善にも

 

積極的に食べたい発酵食品

 

外食が続いたり不規則な食生活をしていると便秘や下痢になったりニキビが増えたりして体の不調を感じることがあります。これは腸内に生息している細菌のバランスが崩れて腸内環境が悪化してしまったことが原因です。私たちの腸内では常に数多くの腸内細菌が活動していて、これらをまとめて腸内フローラと呼んでいます。細菌の種類は大まかに分類すると善玉菌、悪玉菌と日和見菌の3種類があり、善玉菌が健康のために有益な働きをするのに対して悪玉菌は体調不良を引き起こすような有害物質や毒素を作ります。日和見菌はどちらにも属さないタイプの細菌ですが、悪玉菌が増えてくると健康を害する活動をするようになるので、普段から善玉菌を増やして腸内フローラを改善するような食生活を心がけていればいつも体を健康に保って肌の調子よくすることができます。善玉菌の代表である乳酸菌は発酵食品に多く含まれていることがわかっているので、ヨーグルトやチーズ、味噌、納豆、キムチ、醤油、漬けもの、酒粕などを多く食べるようにすると腸内環境を整えることができます。エクオールサプリメントで更年期の障害を改善しよう

 

 

食べ物だけで補えないときには乳酸菌や酵素のサプリメントを使ったり、青汁を飲んだりするのもおすすめです。白米を玄米や雑穀米にするのも効果的で、善玉菌が好む食物繊維をたくさん摂取できるようになるので更に効率よく腸内フローラを改善できます。腸内がきれいになると新陳代謝がよくなるので余計な老廃物や毒素が排出されて細胞が活性化されることで肌にツヤやハリが戻ってきて若返りのためにも有効です。アンチエイジングは外側から化粧品を使うだけでなく、内側からきれいになることで本当に効果を実感できるので、腸内環境をしっかり整えることで若々しいきれいな肌や艶やかな髪、引き締まったボディを維持していつまでも若く元気な自分でいられます。食生活は健康や美容と大きな関わりをもっているので、規則正しく健康的な食事をするようにして善玉菌を増やすために発酵食品や食物繊維を毎日食べるように気を付けて生活しましょう。エクオールが作り出せなくてもサプリで対策出来ます。更年期には是非

 

大豆の力で体の不調を克服

 

日本人は主に和食を食べる民族なので、普段から豆腐や醤油、味噌、納豆などの大豆製品を口にする機会がたくさんあります。大豆は世界的に注目されている健康食品で、体に吸収されやすい良質なタンパク質を多く含むほか大豆イソフラボンという健康のために大切な成分が入っています。体調を整えたり肌をきれいにするために有効な大豆イソフラボンは、腸内細菌の力によって体内でエクオールという別の成分に変換されます。女性ホルモンに似た働きがあってスーパーイソフラボンとも呼ばれるほど優れた効能を持っている成分なので、女性特有の辛い症状を克服したり更年期障害を和らげるなどの作用が期待できます。多くの女性が悩んでいる生理痛や生理不順、むくみ、冷え性、慢性疲労や不眠症などに効果的で、生理前のイライラや不安も落ち着けて夜ぐっすり眠れるようになったり、ホルモンバランスを整えるために活躍してくれます。腸内フローラのバランスがいい人なら普段から善玉菌をたくさん持っているので大豆を食べたときに有効成分を最大限に利用できて、基礎代謝をアップさせたり免疫力を強化して疲れにくく風邪をひきにくい体質になったり、アレルギーを治したり、いろいろな効能が期待できます。腸内環境が整っている人は脂肪や糖分をしっかり処理できるので余計な体脂肪を溜めこまず効率よくエネルギーに変換し、肥満を防いで痩せやすい体質をキープできます。日本人はもともと発酵食品や大豆製品が多く使われている和食と相性がいい体質なので、毎日の食事を工夫すれば健康的な食生活ができて自然に若返りやダイエット、健康維持が可能です。ストレスがたまったり外食や不規則な生活を続けているとどんどん悪玉菌が増えて体を壊したり便秘や肌荒れ、老化、慢性疲労などの原因になるので和食やサプリメント、健康食品などを上手に組み合わせて腸内フローラを改善し、いつまでも美しさを保てるようにしましょう。エクオールや善玉菌を使えば内側からきれいになれるので、美容と健康を意識して生活を見直すことが大切です。エクオールは売り切れるほどの人気商品。薬でなくサプリなので気軽に摂取できます

このページの先頭へ